手術法を考えよう|たるみを解消して老化防止|フェイスリフトの名医と呼ばれる医師

たるみを解消して老化防止|フェイスリフトの名医と呼ばれる医師

女性

手術法を考えよう

女性

美容外科では近年、フェイスリフト手術の需要が高まっています。このフェイスリフト手術は、しわやたるみを取る手術の事を指します。一般的にしわやたるみが発症しやすい部位は、頬や眉間、こめかみ、首と言われています。それぞれ、適した手術法があるので、美容外科の医師に相談して、手術法を決定していきましょう。

まず、眉間やこめかみのフェイスリフト手術は、メスをを使用する手術と内視鏡を使用する手術に分けることができます。メスをを使用する手術には、冠状切開法と生え際切開法があります。この二つの違いは、おでこを切開するのか、頭頂部を切開するのかという違いです。そして、内視鏡を使用する手術は、前髪の生え際に穴を開けて内視鏡で手術を行います。切開や穴を開けるというと痛みを伴うと感じる人が多いですが、麻酔をかけるので心配はありません。麻酔科の名医が在籍している美容外科を選択すれば、なお安心して治療を受けることができるでしょう。

そして、頬のフェイスリフト手術は、メスをを使用する手術と内視鏡を使用する手術以外にも、糸を使用した手術やレーザー手術、注入治療などがあります。名医であれば、家運セリング時に症状に応じた手術や治療を進めてくれます。そして患者が納得した上で治療を進めてくれるのです。

部位別のフェイスリフト手術に対応してくれる名医が全国各地にいます。インターネットを確認すれば、すぐに探し出すことが可能です。ランキングサイトや口コミサイトでも容易に探せるので確認しましょう。